ココロの健康診断

近年増え続けている適応障害とは

近年適応障害になる人が増えていますが、これははっきりと確認することが出来るストレスが原因で、精神的に著しい苦痛を感じる上に機能の障害も同時に起こる精神障害のことを言います。
この適応障害は皇太子妃である雅子様も罹られたことで知られていますが、今では一般の会社員も職場等での強いストレスによってこの病気になる人が増えています。

この病気の症状としては強いストレスが原因でうつになったり過度な不安を引き起こしたりして日常生活に影響を及ぼすことが多く、普通に仕事をすることが困難になってしまうこともあります。
そのため精神的に何かおかしいと思ったら直ぐに病院に行って診てもらう必要がありますが、適応障害は一般的には長く続くことはなくてある程度時間が経過すれば自然に良くなる場合が多いです。

しかし全ての人が時間が経てば必ず調子が良くなると言うわけではないので、油断せずにしっかりと医師の指示に従って行動を取ることが大切です。

また適応障害になった場合には過度に労働をすると症状がますます悪化してしまうこともあるので、その点をよく考える必要があります。
中でも今ワークライフバランスと言う言葉がよく使われていますが、これは仕事と生活を上手く共存をさせることによってその人が持っている能力をフルに発揮してより良い人生を生きることを目指すと言うことです。

現実にはこのように生きるのはとても難しいことではありますが、ただ闇雲に仕事ばかりしているとストレスが溜まり適応障害になってしまう確率も高くなってしまいます。
そういったことを考えるとワークライフバランスはとても重要なコンセプトと言えて、それに従って生きることによりより充実した生活を送ることが可能になります。

生活費を稼ぐには仕事をしなければなりませんが、ただ闇雲に働いていては有意義な人生を送ることは出来ませんし強いストレスを受けたら病気になってしまうこともあります。

適応障害にならないようにするためにも、ワークライフバランスについてよく考えてそれを実践するように努力することが大切です。